時短につながり余裕が出来るながら家事のメリットとは

>

複数の家事を同時にこなして効率化するながら家事の効用

何か工夫をして家事をもっと楽に出来ないか

しかし、何か工夫をして家事を楽にする方法が見つかっていけば、家族の協力とあいまって主婦の体にも余裕が出来るのではないかと思います。
家事を短縮する方法はちょっとした工夫で結構考えれば見つかるものですし、たとえば食事のしたくは主婦がやるがあと片付けは夫がするだけでもずいぶん時間は短縮できます。
また掃除に関しては毎日全部やるのではなく、毎日する箇所を決めて分散するようにすれば一日の時間短縮に繋がります。
洗濯も同様で、優先順位を決めて一日ごとに洗うものを区別していけばその日の負担量がぐっと少なくなります。
このように家事に段取りと家族の協力をプラスして取り組めばずいぶんと家事に対する主婦負担は減らすことが出来るはずです。

ながら家事で複数の家事をこなして効率化

あと考え方を変えて家事に取り組むのも良い方法で、最近、ながら家事による家事を楽にというのが話題になっています。
ながら家事というのはひとつのことだけ家事をするのではなくて、二つのことをいっぺんに家事をこなしてしまえば家事の効率化ができ、結果として家事が楽になります。
たとえば洗顔をしているときに洗面台の掃除も済ませてしまうだけでもずいぶんと負担が減ります。
また入浴のあとに浴槽掃除をやってしまえばこれも二つのことを同時にこなしたことになり家事の数を減らしたことになります。
さらに空き時間としてテレビを見ながら洗濯物を畳んでしまうと余裕の時間と家事が両立できるのでこれも効果的な方法です。
二つのことをいっぺんにやってしまうことが習慣化すると家事の負担がグッと減るのでぜひ実行したいですね。


この記事をシェアする