時短につながり余裕が出来るながら家事のメリットとは

>

火事の種類はとにかくたくさん種類がある

家事の大変さはその種類と負担の大きさ

とにかく大変なのは主婦がこなしている家事の重労働加減と種類の多さにあります。
とにかく一日に主婦がこなす家事の量と種類にはとんでもないものがありまして、朝から食事の準備、そのあとは家中の掃除、衣類などの洗濯、そして昼食の準備、食材の買出し、夕食の準備、あと片付けと、一日ではとても足りないような量の仕事をこなしています。
こういった作業を一人で毎日こなしているわけですから、疲労が溜まるのも当然で、よくもっているものだと心配してしまいます。
少しでもよいので家族が協力し合って、家事を分担して負担を減らし、主婦を楽にしてあげるのか家族の務めではないかと思いますが違うでしょうかね。
欧米諸国並みに男性の家事への協力が増加するように日本もならないものでしょうか。

本当に要求される体力と精神力の強さ

これが主婦が仕事を持っているとなればなおさらで、仕事を毎日こなしながら家事を全部こなすなんて正気の沙汰とは思えません。
かならず家事は滞るようになり、溜まった家事にいつかは主婦の方が押しつぶされてしまうことでしょう。
さらには体調の悪化も始まり、ムリをそのままさせていると倒れてしまうのは間違いないです。
こんな状態にさせないために主婦が抱える家事を無理なく効率的に進めていけるよう、家族総出で協力して主婦を助けるのが当然といわなくてはなりません。
これがなかなか出来ないのが日本の一番の問題点であり、わが国の男性達はもっと謙虚になって主婦の仕事を手伝うべきだと考えます。
そうしなければ主婦だけが家庭の犠牲になってしまうのです。


この記事をシェアする