時短につながり余裕が出来るながら家事のメリットとは

>

ながら家事をすることで時短になり家事がものすごく楽になる

毎日の家事はとても大変で疲れる

主婦の皆さんにとって一番辛いのがたくさんある家事の数々ですが、その中でも一番面倒なのが一日三度の食事の準備と衣類の洗濯ですね。
食事の準備は材料の買出しから始まって、それが終われば料理の仕込み、さらに終わったらあと片付けと、やることが多すぎます。
続いて洗濯は衣類やシーツなど様々な洗いものを一気に洗濯して次にそれらを全部乾かすために掛けて、乾いたら取り込んで畳んでしまうととにかく重労働です。
このほかにも家の掃除や、家計の管理など、主婦には本当にたくさんの仕事があり、これらが毎日休み無く年中続くのですから、本当に負担の大きいとても疲れる仕事だと思います。
また、こんなに多いのなら家族が手伝ってもよさそうなものですが、家族の家事に対する理解はこの国ではまだ定着していないようで残念なことになっています。

休み無く毎日続いていく家事の負担

このように年中無休で限りなく続いていくものですから、最近は特に働いている主婦の方々も多くなりましたので、その負担はより大きくきついものになってきています。
一日中働いて帰ってきても休憩して一息入れるわけにも行かず、夕食の準備や遣り残した掃除や洗濯などをこなして、夕食のあと片付けが終わったらくたくたで疲れきってしまい、自分の時間も取れずに後は寝るだけという生活が続いていきます。
仮に仕事が休みだったとしても家事を休むことは許されません。
つまり仕事を持っているいないにかかわらず主婦には休日は無いのです。
年中家族のために無給で働く主婦に家族の協力はないのでしょうか。
少しは夫の協力ぐらいはあっても良いのではないかと思います。


この記事をシェアする