宅配は昔からあるサービスで、今も人気がある

料理の手間が省ける宅配サービスを利用しよう

イベントの記念に

までの変遷についてご紹介したいと思います。

最近では、会社の創業祭やまたは新しい商品の紹介などをイベント形式でやる企業がとても増えてきています。 昭和50年代では、そのような会社の創業祭やまたは新しい商品の販売イベントなどでは、会社のボールペンやクリアファイル等は配られていましたが飴を配る事はあまりありませんでした。 またバブル期にはどちらかと言うと、もっと高価なもの例えば目覚まし時計やタオル等をオリジナルで会社が顧客等に配るということがよくありました。 そして最近この平成20年以降になると、オリジナルの飴をそれらのイベント等で配る会社が増えてきました。 オリジナルの飴は金太郎飴の様にに面白いものがあったり、また味もオリジナルで作ることができ会社の個性が発揮できるというメリットがあるのです。 このような変遷をたどってきました。

後の動向についてご紹介したいと思います。

最近企業やちょっとしたイベントなどでオリジナル飴をつくる団体が非常に増えてきています。 ちょっとした話のネタにもなりますし、気楽に相手に渡すことができるのでとてもオリジナル飴は人気があるのです。 1番最初に始めたのは、お菓子メーカーや食品メーカーなどが新しい商品の販売等のイベントに合わせてオリジナル飴を作ったことが始まりですが、最近の動向としては、大学や専門学校などが体験入学会などにオリジナル飴を配ったりしていますし、また個人も自分の誕生日や結婚式などお祝い事があったときにオリジナル飴を作ると言う人もいます。 また最近では自分の顔やロゴを金太郎飴のように織り込むと言うのも多くなってきてるとこです。興味のある方は利用してみてはどうでしょうか。